中華のレシピにいて考えましょう

八宝菜は野菜やエビ、たまごなどが入った具だくさんの中華料理です。ボリューム満点で食べごたえ抜群です。

アレンジ自在中華料理の八宝菜

中華のレシピにいて考えましょう 八宝菜はそのまま食べても美味しいですが、ご飯に乗せて中華丼風にして食べたり、中華めんにかけて五目かた焼きそばにして食べたり、いろいろとアレンジが効く美味しくて便利なメニューです。八宝菜の基本的な材料(4人前)は、豚薄切り肉300グラム、白菜適量、しいたけ二枚、人参一本、たけのこの水煮一個、うずらの卵四個、チンゲン菜一株です。白菜とチンゲン菜は食べやすくざく切りに切り、しいたけ、人参は薄切りにします。たけのこの水煮もスライスし、うずらの卵は鍋で茹でて、殻をむいておきます。そしてボールを用意して味付けに使う合わせ調味料を作っておきます。合わせ調味料の材料は、オイスターソース大さじ一杯、醤油大さじ二杯、砂糖小さじ二杯、鶏がらスープの素小さじ一杯です。

そしてフライパン、あれば中華鍋にごま油適量を熱し、豚薄切り肉を炒めて塩と胡椒をふります。豚肉の色が変わって火が通ってきたら、切っておいた野菜類を入れます。野菜に火が通るように強火で手際よく炒めます。全体的に油が行き渡ったら、うずらの卵を入れて、事前に作っておいた合わせ調味料を上からかけます。そして最後に水溶き片栗粉を全体に回しかけてとろみをつけます。

Copyright (C)2017中華のレシピにいて考えましょう.All rights reserved.