中華のレシピにいて考えましょう

中華といったらチャーハンでしょう。ぱらぱらにするコツとお手軽にできるレシピをご紹介しますね。

中華といったらチャーハン!

中華のレシピにいて考えましょう 中華といったらチャーハン!チャーハンといったらパラパラ!そこでパラパラにするコツをご紹介したいと思います。まず大事なのは水分が出る野菜を入れないことです。プロではないし、プロの火力もないので、水分が出ない野菜を使うことでパラパラに仕上げるようにしていきましょう。なので、キャベツやレタスではなく、長ネギや玉葱を使うことをお勧めします。次に、溶き卵にごはんをまぜ、あらかじめコーティングしておきましょう。これでパラパラになる要素はそろいました。後は、強火でごま油を熱しで野菜をササっと炒め、すぐにご飯を投入しましょう。そしたらパラパラになるはずです。味付けは塩胡椒と鶏がらの素を大さじ1弱で。

そんなパラパラでおすすめなチャーハンレシピは豚バラチャーハンです。豚バラの塊なら細かく刻んで、スライスなら1cm幅に切りましょう。お肉は多ければ多いほど美味しいです。予算が許す限り使ってください。溶き卵にごはんを浸し、野菜を切って用意した状態で、肉をごま油で炒めてください。そして豚バラがこんがり焼き目がつき、油がたっぷりでたところで野菜を軽く炒めご飯を炒めてください。肉のうまみがごはんについてとってもおいしくなりますよ。ぜひためしてみてくださいね。

Copyright (C)2017中華のレシピにいて考えましょう.All rights reserved.